技術情報

全13件中 1〜13件を表示

データキャリア

データキャリアとは?

データキャリアは、RFID(Radio Frequency Identification)、非接触式ICカード、ワイヤレスカードなどとも呼ばれる。カードやタグといわれる小型の記録媒体(データキャリア)とリーダもしくはリー…

データキャリア

データキャリアシステムの概念

リーダ・リーダライタとデータキャリアの間では、二枚のコイルが接近している時に片方のコイルに電流を流すともう片方のコイルに起電力が発生する「電磁誘導」という現象を利用して非接触による通信が行われる。 データキャリアは通常休…

データキャリア

データ・キャリアの分類

データキャリアには以下のような分類が可能である。それぞれの組み合わせにより多種多様なデータキャリアが実現する。 ■データ書込の可否 データキャリア内のデータを読み取ることだけが可能なリードオンリー型と、データの読み取り・…

データキャリア

非接触ICカード

非接触型IC カードは、通信距離に応じて「密着型(Close coupling)」「近接型(Proximity)」「近傍型(Vicinity)」「遠隔型」に分類される。このうち、現在最も使われているのは近接型である。なお…

データキャリア

複合ICカード

非接触型ICカードの中に複合型と呼ばれる物がある。これは接触型ICと非接触型ICを一枚に収めたカードのことである。接触型ICカードと非接触型ICカードのそれぞれの機能を利用するもので、磁気ストライプをも併せ持ち、接触型I…

データキャリア

リーダ・リーダライタの構成

データキャリアのさまざまな種類について分類を行ってきたが、次にそれらと交信を行う機器について確認してみたい。 リーダ・リーダライタはデータキャリアと交信を行うアンテナ部と信号を増幅するアナログ部と信号をデコードするデジタ…

データキャリア

RFIDシステムの特徴

さて、ここでRFID・非接触型データキャリアシステムの特徴を整理してみたい。 ■接触抵抗がない 接触型のデータキャリアの交信にはリーダの物理的接触が不可欠で、このストレスによる摩耗による故障や破壊、データの劣化が生じてし…

データキャリア

データキャリアシステムの構築にあたって

一口にRFIDシステムといってもこれまでみてきたように限りないバリエーションが存在する。数多くの選択肢があることを踏まえた上でシステムの構築にあたってどのような点に留意していくべきかを考えていきたい。 標準品・規格 交信…

データキャリア

標準品・規格

ユーザの中でRFIDシステムを検討される中で標準規格にのっとったものが欲しいと要求されるケースがある。もっともな要望であるが、残念ながらお応えするのは難しい。前項の中でも述べたが国際標準規格が制定されているのは数あるデー…

データキャリア

交信範囲

データキャリアの交信距離は、システム構築上重要なスペックとなるが、誤解されやすいデータの一つである。通常データキャリアとリーダ・リーダライタが正対した状態でどのくらいの交信距離を持つかが示されるのだが、垂直状態での 距離…

データキャリア

通信速度

一般的にいってマイクロ波を使ったシステムが高速通信が可能で、短波帯のものがそれに続き、中波帯のものが低速通信ということになる。従って中波帯のものは、データ量の多くないID認識型の方が好ましいことになる。 特に書き込みに要…

データキャリア

遠隔型と接触型・近接型の違い

離れたところから認識を行う遠隔型のシステムは、操作をしてリーダ・リーダライタに読み込ませる作業を行う接触型・近接型とデータの取扱が異なることに注意が必要となる。 例えばアクセスコントロールシステムでリーダが扉の表側につい…

データキャリア

輻輳(ふくそう)制御

RFIDシステムの特徴のところでも触れたが、遠隔型では一つのリーダ・リーダライタに複数のデータキャリアがアクセスする可能性がある。 一般的にはこの場合、通信ができなくなる。リードオンリー型であれば輻輳状態の時は認識ができ…

技術情報